TimeMachineを自宅サーバに設定

TimeMachineのバックアップにずいぶん時間がかかるので、こりゃ別のディスクで新しくやり直したほうが早いなぁと思っていたら、samba経由でネットワーク越しにやれる方法があるそうで。

無線LANのままバックアップできて便利になるので、そっちに移行することにしました。

Samba を使って TimeMachine の環境を整えたメモ | Supernova

↑を参考にして、自宅サーバ上にイメージファイルを作ってバックアップ開始。

寝ている間に最初の長いバックアップが終わって、無事動いているようです。