CPANで自分のホームディレクトリ内にモジュールをインストール

さくらインターネットなレンタルサーバ環境(ていうかここ)に、表題のような環境を作ったメモです。

~/perl/lib 以下にインストールすることとして以下説明。

まずは perl -MCPAN -e shell して、設定を以下のように。(ここでは都合上改行してますが、実際は1行で)

o conf makepl_arg "LIB=~/perl/lib PREFIX=~/perl/lib INSTALLMAN1DIR=~/perl/man/man1
INSTALLMAN3DIR=~/perl/man/man3"

設定したっぽいechoが返ってくるので、 o conf commit で設定ファイルへ書き込み。

これで以後は install *** したとき、そこにモジュールが展開されるようになる。

こうして入れたモジュールを実際に使うときは、PERL5LIB という環境変数にパスを追加すればOK。

.cshrc なりに以下を追加。

setenv PERL5LIB /home/masawo/perl/lib

#使うコードごとに use lib “$ENV{HOME}/myperl/lib”; とかしてもOKだけど、こっちの方が楽。

参考:

The CPAN Frequently Asked Questions UNIX (非root) でのインストールノート

(2006/07/07追記)

以下でもう少し詳しい説明がされていますので、こちらもぜひご参考あれ。

一般ユーザ環境におけるCPANモジュールの使い方 – iandeth.

« アンゴラ 短縮URLサービスのメモ »