JR男(?)

土曜日には 地下鉄で女の子のサイフを拾った前スレ1の話し をはてなブックマーク経由で見つけて読みふけってしまった。うーん、事実は小説より奇なり。 で、発祥のスレをそれ以来ウォッチしていたら、スレ違いながらもまた一つのエピソードが。

電車で女の子を助けてしまいますた 3両目 334 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/10(月) 22:39:35 僕は電車がトラウマです… 335 名前:(‘∀`)[] 投稿日:2005/10/10(月) 22:46:03 どうして? 340 名前:(‘∀`)[] 投稿日:2005/10/10(月) 23:55:00 >>335 詳細かいていいのかな?電車で助けたわけじゃないから、板違いかと…… 341 名前:(‘∀`)[] 投稿日:2005/10/10(月) 23:56:17 >>340 とりあえず書いてみそ 342 名前:(‘∀`)[] 投稿日:2005/10/11(火) 00:02:48 話は過去に戻ります… 1年前、一応漏れには彼女が居たんだ。 高校は違ったけれど、同じ大学に一緒に入ることを夢見て、日々勉強に打ち込んでいた。 漏れは彼女より頭悪かったからね… このときはまだ高2。 親も教師も、大学進学を応援してくれてた。 彼女とは、中学のときからの仲。 中3のときに告白してからは、高校は違うが休みの日は大抵一緒に過ごしていた。 一緒に勉強したり、気晴らしにどっかに遊びに行ったりしてね。 毎日が幸せな日々だった。 343 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 00:08:01 >>342 ほう、まともな話しっぽいな 345 名前:(‘∀`)[] 投稿日:2005/10/11(火) 00:13:12 漏れの誕生日に、彼女はプレゼントをくれた。 袋を開けてみると、手作りの単語帳(輪でくくってあるやつ)と、ブレスレットだった。 ブレスレットはお揃いだった。 サイズが違うが同じものってのを一生懸命探してくれたらしい。 とても嬉しかった。 単語集も、彼女が使っていたやつをくれたのだった。 彼女は新しく自分用のをつくったから、古くなったのをくれたらしい。 これからも一緒に勉強しようね、頑張ろうね! そう言ってくれた…… 346 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 00:15:33 けっこう、引き込まれるな 347 名前:(‘∀`)[] 投稿日:2005/10/11(火) 00:22:13 冬になり、いよいよ受験生間近になってきた。 彼女の高校は進学校の文系。漏れの高校は商業科。 彼女はわざわざ漏れが専門教科で受けられる商業系の大学を探してくれた。そして、彼女も、学科は違うがその大学を受けると言ってくれた。 このときはまだ高1の中場で、大学にあまり実感がなかったが、いよいよ受験生。 周りは就職の話ばかり。 就職組も忙しいが、漏れも忙しかった。 けれど、毎日、通学バスの中で彼女の字で書かれた単語を読み返していると、自然と勉強のつらさはなくなっていった。 言い忘れたが、漏れはバス通学。 彼女は電車通学でつ。 348 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 00:27:14 (・∀・)ワクワク 349 名前:(‘∀`)[] 投稿日:2005/10/11(火) 00:30:58 春になり、いよいよ高校3年生! あと1年後には彼女と一緒に大学に行くんだ。 そういう思いを胸に秘めての新しい学年でした。 すくなくとも、このときはまだ、幸せで楽しい生活でした……… 350 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 00:33:50 けっこう文章うまいぞ! その調子で頼む。 351 名前:(‘∀`)[] 投稿日:2005/10/11(火) 00:38:07 しかし、悲劇というものは突然やってくるのですね… みなさんは4月25日、何が起きたかをまだ覚えていますか? そう、JRの脱線事故のあった日です。 運悪く、朝遅刻した彼女はその電車に乗っていました。 そして、事故に巻き込まれてしまったのです…… 運がよかったのか、3両目にいた彼女は死に巻き込まれることはありませんでした… しかし、頭や体を強く打ち、入院することとなりました…… 352 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 00:39:15 悲しい展開じゃないことを祈りつつ、 悲しい展開だと確信してる俺、、、とか書いてたら 351がうぷされた 353 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 00:40:52 >351 ネタじゃないよね? ネタで書いてたらトンデモナイ事態になるぞ(–; 354 名前:(‘∀`)[] 投稿日:2005/10/11(火) 00:46:18 彼女は左腕を骨折していました。 しかし、それ以上に危険なのが頭の怪我でした。 よほど強く打ってしまったのでしょう、入院して4日間、彼女は目を覚ましませんでした… 僕は彼女が目を覚ますまで、そばに居ようと思って、目を覚ますまで学校を休み続けました。 事故の起きた日、なぜ一緒に居れない時間に事故が起きたのか。なぜ偶然彼女が乗ってしまった電車なのか。なぜ守ってあげられなかったのか。 あまりに無力な自分を責め続けました しかし5日目のお昼、彼女が目を覚ましたのです! 355 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 00:49:34 JR男はsageてないような…… 356 名前:(‘∀`)[] 投稿日:2005/10/11(火) 00:55:30 目を覚ました彼女は、あの事故を覚えていました。 急に揺れて、金属の手すりに後頭部を打ち、そのまま意識を失ったようです。 いつもの元気な彼女ではなく、とても弱々しく、うつろな目をした彼女を見ていると泣き出してしまいました… そんな僕を見て、彼女は弱々しく言いました。ちゃんと勉強頑張ってる?一緒に大学に行く夢を叶えようね?今は入院しちゃって勉強できないけど、退院したら入院してたぶんを取り戻すためにもいっぱい勉強するから。○○(僕のこと)も頑張るんだよ? と。 力なく、それでも彼女は優しく微笑んでくれました…。 357 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 01:06:54 続きはーーーー? 358 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 01:08:19 すいません、今からsageでいきます。 彼女が意識を取り戻した次の日、僕は学校へ行っていきました。 彼女との約束を果たすため、彼女と一緒に大学を目指すために。 しかし、この世は無情です…。 僕が家へ帰ってくると、母が泣いていました。 理由を聞くと、彼女が亡くなったとのこと。 事故のせいか、脳出血が起こり、そのまま帰らぬ人となってしまいました… そのことを聞いてから、僕は取り乱すなんてものじゃありません。 何が起きたのか、どうなってしまったのか、彼女はもういない。いつもそばにいた彼女はもう… 頭の中が真っ白になりました。 その場で泣き崩れてしまいました…… 後日のお通夜まで一睡も出来ず、毎晩泣き明かしていました… もちろんのこと、お通夜でも泣いていました。 お通夜が終わり、僕は彼女の母親に呼ばれました。 亡くなる前に、彼女は母親に僕のことをはなしてたらしいです。 一緒に夢を果たそうとしていること、一緒に頑張っていること。 そして、僕に、何があっても夢を諦めないでいてほしいなって話していたそうです…。 その話を聞き、また泣きました…。 彼女はいなくなってしまった… これからは何を目標に頑張ればいいのだろう。 葬儀の前の日まではずっとそう考えていました。 しかし、葬儀の前の晩、僕は決心しました。 359 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 01:12:02 ネタだと言ってくれ じゃないと 。・゚・(ノД`)・゚・。 360 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 01:19:01 (´;ω;`)ウッ… 362 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 01:23:04 彼女の遺骨を前に、僕は決心したことを彼女に伝えました。 その決心とは、彼女と行く予定だった大学は行かないことにしたことです。 もちろん、就職するわけでもありません。 僕は、看護師になることを決意したのです。 これまでは全く考えもしなかった進路です。 しかし、彼女が入院してから亡くなるまで、ずっと看護師の方は、彼女の親と彼女を看護してくれまたした。 彼女には悪いのですが、僕は看護学校へ行くことにしました。 彼女のように、苦しんでいる人、怪我をしている人、そういった人たちの役に立ちたい。 彼女には何もしてあげられなかったせいか、苦しんでいる人をほっておけないのです。 少しでも助けてあげたいし、役に立ちたいのです。 これが僕の決意です。 このことは、僕の両親にも、彼女の両親にも話しました。 どちらの両親とも、反対せずに、頑張れと言ってくれました。 商業科から医療のほうに進むのは、かなりの努力が必要です。 けれど、僕は負けません。 いつか必ず看護師になって、苦しんでいる人を助けたい、そう心から願っているからです。 苦しんでいた人を手助けし、いつかその人が治ったとき、きっと笑顔になると思います。 その笑顔は、きっと彼女の笑顔と同じ、元気いっぱいの笑顔でしょう。 その笑顔を絶やさないように、立派な看護師になれるよう、毎日努力の日々です。 彼女との約束はやぶってしまいましたが、きっと彼女も分かってくれると思います。 今でも、彼女は僕の中で生き続けています。 いつも笑顔で僕を元気付けてくれます。 364 名前:(‘∀`)[] 投稿日:2005/10/11(火) 01:24:27 ネタではありません。こんなこと言うべきじゃないのでしょうが、今書きながら泣いていました。 あの事故の悲惨さをみんなに知ってもらいたかったのです… 偶然前スレ1さんのマトメサイトを読まさせていただき、共感し、ここの住人の方ならわかってもらえると思い、書きました。 長々と失礼いたしましたm(_ _)m 365 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 01:26:19 >>364 絶対に看護師になれよ。 368 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 01:31:34 >>365ありがとうございます。 全くこの板とは関係のない話を書いてしまい、申し訳ございませんでした。 けれど、彼女の言ったように、ここの方々も、何か夢はお持ちだと思います。今は無くとも、昔思い描いた夢が。。。 その夢を諦めず、自分に悔いのないように進んでほしいと思いました。 みなさんも、何か自分のやりたいことに熱心に打ち込んでもらえるように、悔いなく生きてもらえると、僕も嬉しいです。 説教っぽくなってしまい失礼しました…m(_ _)m 369 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 01:32:19 >>364 ガンガレ!超ガンガレ! 370 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 01:33:43 >368 横槍を入れるような真似をしてスマンかった。 頑張ってな!! 372 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 01:35:43 前スレ1さんのように、まとめてもらうことは不要です。 だけど、みなさんの心に、こんな人もいたなって覚えてもらえたら光栄です。 みなさんのことは全くわかりません。 何をしているのか、どんな人なのかも… けれど、荒らしもせずに読んでくれたんだから、きっといい人たちなんだと思っています! みなさんも、これから何が起きるかは分かりませんが、くじけずに頑張ってほしいです。 わざわざ忠告いただいた方、支援してくれた方、読んでくれた方、みなさん、ほんとうにありがとうございました。 373 名前:(‘∀`)[sage] 投稿日:2005/10/11(火) 01:39:58 やべ、涙が止まらない…